スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本 1-0 バーレーン サッカー W杯アジア最終予選

サッカーのワールドカップアジア最終予選B組、日本vsバーレーンの試合が、2005年6月3日(日本時間の6月4日未明)、バーレーンのマナマで行なわれ、日本が1-0で勝利した。

日本の得点は、前半34分。MF中田英寿からのパスをMF中村俊輔がヒールで合わせて後方のMF小笠原満男へ。それを受けた小笠原は、左へのドリブルと見せて右に切り返す。この動きで生まれた相手DFの一瞬の隙を見逃さず小笠原が右足を振りぬくと、ボールは相手ゴールの左端へ。
日本代表チームは、直前のキリンカップで2試合連続の無得点敗戦。またバーレーン戦の2日前にはMF小野が右足骨折で戦線離脱するなど、チームの状況は必ずしも良くなかった。

しかしながら、チャンスでの得点力、相手のカウンター攻撃に対する守備という2つの課題点を克服し、チーム全体で勝利をあげた。

同日行なわれたイランvs北朝鮮の試合では、イランが1-0で勝利。
これらの結果、B組の現時点での成績は、
1位 イラン 勝ち点10
2位 日本 勝ち点9
3位 バーレーン 勝ち点4
4位 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) 勝ち点0

あと2試合を残して、日本は、3位以上となることが確定した。
また、6月8日(水)の北朝鮮戦(タイ・バンコク)に勝利するか引き分ければ、2位以上となりワールドカップ出場権が確定する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sportsmainjp

  • Author:sportsmainjp
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。