スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本1-0バーレーン ワールドカップ アジア最終予選

2005年3月30日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組の2試合が行なわれた。
観衆61,549人を集めた埼玉スタジアムでは、日本vsバーレーン戦が行なわれ、日本は1-0で勝利し勝ち点3を得た。

日本は、後半26分、中村俊輔(レッジーナ)による右FKから、相手のオウンゴールを得て1-0とリード。これがそのまま決勝点となり、逃げ切った。

B組のもう1試合は平壌で行なわれ、イランが北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を2-0で下した。

B組各チーム3試合を終了し、イランが2勝0敗1分(勝ち点7)で首位。日本は2勝1敗(勝ち点6)で2位。その後、バーレーンが1勝1敗1分(勝ち点4)、北朝鮮が0勝3敗(勝ち点0)と続いている。

次の第4戦は2005年6月3日に、バーレーンvs日本、イランvs北朝鮮が行われる。

ワールドカップ(2006年)のアジア最終予選は、8カ国がA・Bの2組に分かれてホームアンドアウエー方式で争っている。各組上位2位以内に入ればドイツでの本大会出場権を得られる。また、各組3位のチーム同士でアジア5位決定戦を行い、その勝者は北中米カリブ海予選4位のチームとのプレーオフに勝てば本大会出場権を得られる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sportsmainjp

  • Author:sportsmainjp
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。