スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[野球] 沢村拓一投手、1イニング4奪三振を記録 - 2012年4月13日

2012年4月13日、横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズ戦に先発した 読売ジャイアンツの沢村拓一投手は、5回裏、横浜DeNA打線から4奪三振を記録した。 1イニング4奪三振を記録したのは、日本プロ野球で14人目。セントラルリーグでは7人目。

試合は6-0で読売が勝利。 沢村は、横浜打線をほぼ完璧に抑え、新人であった昨年に続き、2シーズン連続で1安打完封勝利をマークした。

この日の試合、3-0と読売の3点のリードで迎えた5回裏の横浜の攻撃。 沢村は、この回の先頭打者の石川と次の黒羽根を空振り三振に仕留めた。 続く小林太からも空振り三振を奪ったが、このときの投球が暴騰で、 小林は振り逃げで出塁。 二死一塁で続くバッターは金城。沢村は、この金城をも空振り三振に取り、 1イニング4奪三振の記録が成立した。

1イニング4奪三振を記録した投手は、次の通り。
幸田優
杉内俊哉
野村貴仁
金澤健人
工藤公康
松坂大輔
西口文也
前田幸長
岡島秀樹
涌井秀章
ドナルド・レモン
ウィルフィン・オビスポ
斉藤和巳
澤村拓一

なお、二軍の試合では、2010年に東北楽天イーグルスの木谷寿巳が1イニング5奪三振を記録している。

米国大リーグでは、この記録はこれまでに60回記録されているとのこと。 近年、発生頻度が上がっている傾向があるが、 これは、フォークボールやスプリットフィンガーファストボールといった変化球が多用される ようになったことと関連しているという分析がある。

関連記事: 読売ジャイアンツ 前田幸長 1イニング4奪三振

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sportsmainjp

  • Author:sportsmainjp
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。