スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アメフト]Xリーグが秋季公式戦の方式を変更(2009年秋より)

日本社会人アメリカンフットボール協会は、2009年4月20日に東京都内で記者発表会を行ない、春季のパールボウルトーナメント開催を発表するとともに、秋季リーグ戦のフォーマットを今年から変更することを発表した。

従来、秋季リーグ戦では、東地区・中地区・西地区のそれぞれにおいて6チームの総当たり戦を行ない、その後、各地区上位2チームによるトーナメント戦(ファイナル6)が行なわれていた。

今年からは、ファースト・ステージおよびセカンド・ステージというステージ制が導入され、セカンド・ステージにおいては、ファースト・ステージでの各地区上位3チーム(合計9チーム)が3ブロックに分かれてリーグ戦を行なう。そして、各ブロックの1位とワイルドカードチームの合計4チームによる決勝トーナメントが行なわれる。

なお、ファースト・ステージでの各地区下位3チームは、東・中地区と西地区の2ブロックに分かれてセカンド・ステージを行ない、そこでの下位チームが2部との入替戦に回る。

新方式の導入により、関東地区・関西地区それぞれに存在する上位チーム間の交流試合数が、従来以上に増えることになる。

1部リーグの実力上位チームが複数の地区に分散してしまっていることに対する改善は、従来から一部のファンの間でも望まれていたが、今回の対戦方式再編は、そのような要望を満たしつつ「1部」としての形を維持する苦心作と言えよう。いずれにしても、今秋のエキサイティングなリーグ戦の展開が今から待ち望まれる。

テーマ:アメリカンフットボール - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sportsmainjp

  • Author:sportsmainjp
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。